横浜市の整形外科、外反母趾、関節リウマチ、吉野整形外科

当院の紹介
横浜市の整形外科、外反母趾、関節リウマチ、吉野整形外科







【院長の挨拶】

 

   このたび横浜市神奈川区大口駅前において「吉野整形外科」を開院させて頂きました。今後は、地域の皆様との心のつながりを大切に、慶應義塾大学整形外科で学んだ経験を基に、専門医としての確かな技術をもって患者様により良い医療を提供できるようスタッフ一同心がけて行きたいと考えています。どうぞ宜しくお願い致します。  (平成15年7月)  



 当院は、整形外科一般、小児整形外科、スポーツ整形外科、リウマチ・膠原病科、リハビリテーション科を備え、地域的なケアから高度な最先端医療まで幅広く提供して参ります。

 

 患者様が、ご自身の状態を十分に理解した上で治療に取り組めるよう、丁寧な説明を欠かさないように心がけています。どうぞお気軽にご相談ください。

                                           院長 吉野 匠




【専門外来について】


 当院は専門外来として、「足の外科専門外来」、「リウマチ・膠原病外来」、「手の外科専門外来」、「脊椎外科専門外来」、「膝関節専門外来」、「ペインクリニック」、「装具外来」、「リハビリテーション」を一般診療と併設しています。

 全身麻酔下での手術や入院治療を要する難治性疾患や重度のリウマチ膠原病疾患など、当院では治療困難なケースもときにはありますが、そのようなときでも慶應関連病院や東邦大学医療センター大森病院(リウマチ膠原病センター)との連携による綿密な対応が可能なシステムを整えておりますのでご安心ください。

 また関連病院では毎週木曜日に院長自らが出向し執刀も行っておりますので、保存療法では治療困難な場合の対応も可能です。また、退院してからは当院で責任もって術後経過を見て参りますのでご安心下さい。

 さらに、関連病院の各専門分野のスペシャリストとの連携により、少なくとも最良の治療法と出会うきっかけを提供できる場として皆様にご活用頂けることと思います。


足の外科専門外来
リウマチ・膠原病外来
手の外科専門外来
脊椎外科専門外来
膝関節専門外来
ペインクリニック
装具外来
リハビリテーション



【協力医師の紹介】


山本 竜大 (やまもと たつひろ)医師
担当:水曜日の午後


東邦大学医学部卒業、日本内科学会認定内科医 、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医

東邦大学医療センター大森病院膠原病科助教

現在、同大学病院リウマチ膠原病センターに勤務

関節リウマチ・膠原病性疾患の臨床および研究に携わっている

当院では「リウマチ・膠原病外来」を担当。

 
 

  

亀山 真 (かめやま まこと)医師
担当:木曜日の午前


慶應義塾大学医学部卒業

慶應義塾大学整形外科医局員、済生会中央病院整形外科担当部長
日本整形外科学会認定専門医、日本手の外科学会認定手の外科専門医 日本手の外科学会評議員
当院では「手の外科専門外来」を担当。

 

  
 

山下 裕 (やました ゆたか)医師
担当:木曜日の午後・第3土曜日


慶應義塾大学医学部卒業

慶應義塾大学整形外科医局員
国際親善総合病院
整形外科部長・リハビリテーション科部長

日本整形外科学会認定専門医、

脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

当院では「脊椎専門外来」を担当。

    
 

 

關口 治 (せきぐち おさむ)医師

担当:第1土曜日


 

慶應義塾大学医学部卒業

慶應義塾大学整形外科医局員
けいゆう病院整形外科副部長

日本整形外科学会認定専門医、

当院では「膝専門外来」を担当。

   

 

 

 

  

【連携病院について】


 高度な検査・治療等が必要と判断した場合は、主に慶應義塾大学病院、及びその関連病院にご紹介致します。

 また、当院は慶大関連病院である財団法人神奈川県警友会けいゆう病院」の協力医療機関に指定されており、院長が協力連携医として自ら出向し手術を行っております。

 退院後は引き続き当院でフォローアップするシステムを整えておりますので、手術が必要と診断された患者様には、より安心した医療が提供できることと考えております。


 入院治療を必要とする重度の関節リウマチや膠原病性疾患の患者様に対しては東邦大学医療センター大森病院(リウマチ膠原病センター)との綿密な病診連携により、安心した治療が行えます。

 さらに患者様のニーズにお答えできるように近隣の中核病院との病診連携も整えて参ります。

※当院は「けいゆう病院」の協力医療機関に

指定されており、院長自らが協力連携医

として出向し手術も行っております。

 
主な連携病院
  慶應義塾大学病院
  東邦大学医療センター大森病院
 

けいゆう病院
  済生会横浜市東部病院
  国際親善総合病院
  東京都済生会中央病院
  医療法人財団荻窪病院 
  済生会神奈川県病院
  済生会横浜市南部病院
  大口東総合病院
  菊名記念病院
  横浜労災病院



【診断用設備について】

 

  

X線撮影装置(透視機能装置付)
透視下での正確な骨折整復治療

抜釘手術(外反母趾術後など)

診断困難な骨折の確認
  より確実な除痛効果が得られる透視下神経造影・神経根ブロック治療
 
関節ブロック、関節・ろう孔造影、透視下手術
関節内遊離体の診断確定
伏針などの異物除去         

骨密度測定器
骨粗鬆症の診断と治療に役立てます。


 

【放射線技師の紹介】

 

 患者様の診断を目的としたレントゲン撮影は医師の指示の下、医師もしくは診療放射線技師の資格を持ったもののみが行うことが出来ます。

 当院では、国家資格を有する臨床経験豊富な専任の放射線技師が、患者様に対し、常に優しく丁寧な対応を心掛け撮影にあたっております。また、過剰な放射線被爆や無駄な撮影を行う心配がないので、安心して検査をお受けになれます。

 

 

診療放射線技師

 

阿部 透

(あべ とおる)

(資格)
  
 

診療エックス線技師免許証 (第3325号)

エックス線作業主任者免許証 (第4103号)

診療放射線技師免許証 (第13866号)

ガンマ線透過写真作業主任者免許証 (第56号)

臨床実習指導者資格認定証 (第1123号・文部・厚生省令)

 
(略歴)

 


国立横浜病院、国立療養所中信松本病院、国立療養所久里浜病院、国立甲府病院、独立行政法人国立病院機構箱根病院など、これまでに数多くの国立病院でのレントゲン撮影に携わり、それぞれの施設におい主任、副技師長、技師長といった重要なポストを歴任してきた。



【診療科目のご案内】


一般整形外科


 骨折、脱臼、捻挫、打撲などの外傷をはじめ、首の痛み、肩こり、腰痛、膝痛など、日常的に起こる身体の痛み・違和感を診療します。当整形外科では、専門外来との両立をはかり、幅広く診療を行って参ります。



リウマチ科

 関節リウマチを中心に、炎症の抑制、進行を防ぐ薬物療法、また痛みがひどい場合には注射による疼痛ブロック療法を行っています。さらに、関節変形の予防、可動領域の維持、そして筋力低下の防止を目的としたリハビリテーションも行っています。


 当外来は平成17年12月より、「リウマチ・膠原病外来」として開設されました。当外来の特徴は、東邦大学医療センター大森病院・リウマチ膠原病センターからリウマチ専門医である村岡成先生(内科医)を招き、院長吉野(整形外科医)と伴にそれぞれの分野の専門性を生かしながら患者様の診療が行える点にあります。これにより、整形外科と膠原病内科の両面から、関節リウマチ・膠原病性疾患に対する総合的、かつ最新の医療をご提供することが出来るようになり、同時に患者様にとっては複数科を個別に受診する必要がなくなり、通院の負担を軽減することが出来るようにもなります。

 また、関節リウマチという特殊な病態に対するリハビリテーションを熟知した理学療法士(PT)による専門的なリハビリ加療も同時に行うことができます。


  関節リウマチおよび膠原病性疾患でお悩みの方は、是非ご来院下さい。詳細はこちらをご覧ください。



小児整形外科


 小児整形外科の分野では、「先天性股関節脱臼」、「先天性筋性斜頚」、「先天性内反足」、「 Perthes病」、「大腿骨頭すべり症」、「脳性麻痺」、「乳幼児O脚変形」、「小児扁平足」、「被虐待児症候群」など、早期発見が必要な疾患が多数あり、より高度な診療技術が要求されています。当院では、発育・成長という大切な過程にある一人一人のお子様に丁寧な治療を行って参りたいと思います。



スポーツ整形外科


 スポーツによる「外傷」や「障害」の場合、治療からリハビリ、別メニューでのトレーニングなど、「復帰」に至るまでの過程も重視しなければなりません。皆様が、安心してスポーツに取り組めるよう、万全なサポートを行っていくのが、スポーツ整形外科の役割です。スポーツ障害予防のためのテーピング指導も行っております。



ハビリテーション科
 

【運動療法】

 当院では、国家資格を有した専任の理学療法士による運動療法を行なっております。同時に家庭でのリハビリテーションの指導や治療効果の判定などもマンツーマンで行っており、しっかりとした治療計画のもと患者様一人ひとりがより自立した生活を送れるよう、実生活に即した理学療法を心掛けております。

 

 

 理学療法士とは、身体に何らかの障害を持ち、日常生活に支障を来たしている人に対し、その基本動作を行なう能力の回復と維持、さらには障害の悪化を予防するための運動療法や日常生活動作訓練を行なうスペシャリストです。

 実際には、関節可動域訓練や筋力強化訓練、姿勢矯正用鏡や平行棒を用いた歩行訓練など、残存機能の強化を主に行なっております。詳細はこちらをご覧ください。

  

【物理療法】

 
 電動牽引装置、近赤外線装置、低周波、干渉波、マイクロ波、温熱療法(温水浴・バラフィン浴・ホットパック)、ウオーターベット、レーザー治療器、四等筋訓練器、上肢交互運動器など、最新鋭のリハビリテーション、リラクリゼーション機器を取り揃えており、その中から患者様一人ひとりの症状・病態の改善に必要な機器を選択し治療を行なっております。






横浜市の整形外科、外反母趾、関節リウマチ、吉野整形外科

TEL.045-431-0111
JR横浜線大口駅徒歩1分
院長 吉野匠

(日本整形外科学会認定専門医)
Email:info@yoshino-seikei.jp

神奈川県横浜市神奈川区大口通56-5
大口メディカルセンター1階

TOPページ][当院の紹介][院長の紹介][診療場所・時間][お問い合わせ][職員募集案内
足の専門外来][リウマチ・膠原病外来][手の外科専門外来][脊椎外来][膝関節専門外来][ペインクリニック][装具外来
[リハビリテーション][外反母趾][腰痛性疾患][関節リウマチ][骨粗鬆症][サイトマップ



横浜の整形外科、吉野整形外科
Yoshino Orthopedic Clinic (c) 2005-2008. all rights reserved.

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。